はじめに

 

 産まれてすぐに入院するほどに内臓が弱い子供でした。

成人してもお酒や冷たいものをとるとすぐに調子が悪くなり慢性的に腹痛を我慢する毎日でした。

病院に行くのが嫌いな私は我慢するのが当たり前

2015年夏、その数年前から急激に調子の悪い日が増えてはいたのですが

個展wabishabiの開催時期には一度トイレに入るとなかなか出れない状態でした。​

普通ならここで病院に行くところなのですが、

色々な状況が重なり耐える日々が続きました。

2016年の夏になると食事もとれないほどに状態が悪くなり

その頃には癌であるのではないかと自覚をするまでになりました。

体力も急激に落ちそれでも仕事をしていると

見兼ねた仕事関係者の方に『病院に行くと楽になるから』とアドバイスされ

楽になるならとようやく病院に行くことにしました。

病名は直腸癌

直腸診で先生の顔色が変わるほど重症で

長く我慢をしていたせいで腫瘍の腫れがひどく大きな手術が必要な状態でした。

『人工肛門になりますので調べておいてください』

入院の準備をしながらネットで検索をしました

それまで人工肛門と聞いたことはありましたが実際どんなものであるのか知ることがなかった私は、この時初めて人工肛門というものを知ることになりました。

事前に準備の必要な手術と言われますが

気持ちの準備が一番必要です

先生や専門の看護師が説明してくれるのですが

​体感して

 病気についてはまた改めることにします。

​ 人工肛門について簡単に説明できればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

©Hiroyuki Yoshida